学友

気をつけるポイント

脂肪吸引を行っているクリニックを選ぶ際に気をつけるポイントについて、説明していきます。
まず気をつけることは、脂肪吸引を行う医師が名医かどうかということです。
名医に脂肪吸引を行ってもらうことで、より安全な施術と効果が期待されます。
施術の値段が適正な料金であることも大切です。施術を受ける際に始めから値段を全額教えてくれるお店を選ぶと良いでしょう。
そして、身体に負担のかからない治療を行っているお店を選ぶことも大切です。その治療の方が、より身体の回復も早く脂肪吸引後の身体も美しく仕上がります。

脂肪吸引の手術により、身が傷つくことを心配している人も中にはいます。ですが、そのような心配はありません。お腹の皮下脂肪と内臓の間には筋肉や腹膜を始めとする丈夫な組織があるため、内臓が傷つく心配はありません。
身体全体を痩せたい、美しくしたいと思う場合は脂肪吸引の前にダイエットを行うと良いでしょう。

脂肪吸引には様々な方法があり、それぞれ値段が異なります。
脂肪吸引の種類について、詳しく説明していきます。
「ベイザーリポ」という方法があります。これは一種の脂肪吸引の方法です。「ベイザー脂肪吸引」という方法があり、これは「第三世代超音波脂肪吸引」とも呼ばれています。
一般的な脂肪吸引では、カニューレという脂肪吸引専用の管を使用します。カニューレの先端部分からベイザー波という振動エネルギーを放出し、部分痩せしたい箇所に当てて細胞を柔らかくします。
そして、その柔らかくなった脂肪を吸引します。日本の厚生労働省と同じような機関であるアメリカのFDAという機関の認可を受けているため、安心して治療を受けることが可能です。
ベイザーリポのメリットとして、約9割の皮下脂肪を吸引できることです。既存の脂肪吸引の中ではトップクラスの効果が期待できます。
また、手術が終わった後も腫れが痛み、皮膚がたるみ凸凹ができることもあまりありません。

脂肪吸引を行った後に、痛みや晴れが収まり普通の状態に戻るまでの機関をダウンタイムと呼びます。
ベイザーリポはダウンタイムが短いため、とても人気があります。ベイザーリポの値段は、お店により異なります。
一般的には、両足の太もも全体の部分痩せのベイザーリポの値段は80万円から90万円が一般的です。また、腹部全体の場合だと70万円から80万円程度になります。
通常の脂肪吸引に加えてオプションとして追加で麻酔を行った場合は、値段が高くなります。